Accessibility

島田市立島田第四小学校WEBサイトです

HOME学校ニュース子供がきらきらかがやくとき

子供がきらきらかがやくとき

待ちに待った運動場の完成。新しい遊具には、たくさんの子どもたちが集まっています。

 CIMG9149.jpg CIMG9159.jpg

 CIMG9160.jpg CIMG9151.jpg

 「あんぜんに」「なかよく」を合い言葉に、それぞれが使い方を考えています。していいこと、いけないことを一つ一つ大人が提示することは、子どもたちが「自分で考える機会」を奪うことになります。本校では、主体性を育むために、自ら考える機会を大切にしています。遊びに夢中になっている子どもたちは、きらきら輝いています。

 CIMG9090.jpg CIMG9125.jpg

 CIMG9110.jpg CIMG9161.jpg

遊具などを使って遊ぶことを通して、様々な運動技能を習得するための素地を養うことができます。遊具を使って、のぼる、ぶらさがる、くぐるなど、多様な動きを経験することが、高学年以降で、運動技能を習得するために最適な体をつくります。

 CIMG9114.jpg CIMG9117.jpg

 CIMG9129.jpg CIMG9130.jpg

 子どもたちがきらきらする場面、12月3日(土)もありました。「きらきらデー」です。生活科、けやき学習(総合的な学習の時間)で追究してきたことを発表しました。発表には、「学んだことを伝えたい」という意欲があふれていました。それはつまり、「つけた力を見てほしい!」ということではないでしょうか。学びの実感がある証拠です。

 CIMG9301.jpg CIMG9304.jpg

 CIMG9316.jpg CIMG9333.jpg

 CIMG9347.jpg CIMG9372.jpg  

 CIMG9383.jpg CIMG9404.jpg

 CIMG9416.jpg CIMG9436.jpg

 CIMG9512.jpg CIMG9542.jpg

 CIMG9486.jpg CIMG9501.jpg

 CIMG9480.jpg CIMG9478.jpg

 CIMG9474.jpg CIMG9470.jpg

 CIMG9467.jpg CIMG9445.jpg

本校では、事後の振り返りを大切にしています。自分にはどんな力がついたのか、その力はどのような過程を経て身についたのか、そういうことを明確にします。「自分に力をつける方法」がわかることで、今後の学びに活かすことができると考えます。

 CIMG9570.jpg CIMG9572.jpg

 CIMG9573.jpg CIMG9579.jpg

 そして、自分がもっている力を正しく把握していれば、「これならできそう。やってみよう!」という気持ちもわいてくると思います。自己理解を深めることが、主体性を育てることにつながります。

 CIMG9276.jpg CIMG9611.jpg

 子どもたちは、主体的になれたとき「きらきら」します。子どもたちが自ら光を放てるように、「きらきらデーの振り返り」を活かしていきます。

CIMG9450.jpg CIMG9461.jpg

IMG_7362.jpg IMG_7366.jpg

もうすぐ冬休みです。世の中がきらきらするイベントがありますね。

CIMG9765.jpg CIMG9767.jpg

CIMG9770.jpg CIMG9773.jpg

こういうわくわくするときも、主体的になれそうです。今年の冬休みは何ができそうでしょうか。「きらきら、わくわく、自分から」、そんな冬休みにしましょう!

CIMG9769.jpg

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2024年2月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 1 2
3 4 5 6 7 8 9