Accessibility

島田市立島田第四小学校WEBサイトです

HOME学校ニュース感動がいっぱい

感動がいっぱい

 体育館に「ありがとう」があふれ、感動いっぱいの会でした。5年生の企画、運営で行われた3月4日の「6年生ありがとうの会」、教頭先生が終わりの言葉でしみじみと言っていたように、「とてもよかった」です。今年も、えがお、2年~4年までのメッセージは動画となってしまいましたが、それでも十分に気持ちは伝わりました。

CIMG6345.jpg CIMG6350.jpg

CIMG6353.jpg CIMG6355.jpg

CIMG6357.jpg CIMG6366.jpg

 メッセージの中には、様々な「ありがとう」があり、その意味はそれぞれ異なっていました。1年生からは、ペアのお兄さんお姉さんとしての感謝のありがとう、えがお、2年生~4年生からは、学校のリーダーを務めてくれたことに対する感謝のありがとう、5年生からは、次は自分たちの番。今まで目標となってくれてありがとう、こんな意味を感じました。

CIMG6401.jpg CIMG6400.jpg

CIMG6398.jpg CIMG6404.jpg

CIMG6372.jpg CIMG6368.jpg

CIMG6365.jpg CIMG6364.jpg

 6年生にとっては、「がんばったことを認めてもらえたありがとう」もあれば、「予想外のありがとう」もあったかもしれません。「2年生からのうれしかったことランキング」の上位に、「登校中、信号が渡れなかったとき、待っていてくれたこと」がありました。このことがランキング上位に入るほど感謝されるとは思っていなかった子もいたのではないでしょうか。

CIMG6375.jpg CIMG6376.jpg

CIMG6377.jpg CIMG6359.jpg
  様々なありがとうにあふれた体育館で何が起こったか。発信した方も受け取った方も、どんなことが「ありがとう」と思われる行為なのかが共有できたと思います。そして、「ありがとう」といわれること、思われることは、すごく努力が必要なことばかりではなく、ちょっとした心がけでできることもたくさんあることがわかったのではないでしょうか。

CIMG6386.jpg CIMG6391.jpg

CIMG6393.jpg CIMG6394.jpg

 来年度、1年生は2年生になり下級生ができます。5年生は最高学年となり、6年生はまた1年生になります。そのとき、この会で「こういうありがとうもあるんだな」と新たに気づいたことを活かしてほしいなと思います。

CIMG6439.jpg CIMG6443.jpg

 みんながちょっとずつ、今までしなかった「ありがとうといわれるような行動」をすれば、感動は何倍にもなりそうです。そんな日常を創ることができれば、もっと世の中は平和になるのではないでしょうか。6年生が立派に旅立ち、感動の輪が島田に広まることを期待しています。

CIMG6487.jpg CIMG6479.jpg

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2022年8月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10